電話番号
ひら小動物クリニックtop

記事一覧 8件中 1-8 を表示

1月2月の臨時休診日(夜間診療含む) (2018-11-02)

1月2月の臨時休診のご案内です。
院長が会議、セミナー参加などのため以下の日程で診察時間の変更がございます。なお、会議の日程は後日追加されることもあります。

体調不良が認められた場合は、様子を見すぎる前に早めにご連絡ください。
皆様にはご不便おかけし申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
※午後の診療が休診の日は、夜間診療も休診となります。
※診療予約に関するお知らせ・診療制限の項を必ずご覧下さい。
また、最新情報は当院Facebook、Instagramもご覧下さい。

<1月>

1月18日(金) 専門学校で講義を行うため、時間厳守とさせていただきます。
        午前最終受付11:00、11時30分を超過する恐れがある場合は午前の診療をお断りさせていた
        だく可能性があります。また、これに伴い昼間の手術、時間外対応は不可となります。
        午後受付開始17:00から
1月20日(日) 院長不在となるため休診
1月24日(金) 1月18日と同様となります

<2月>
2月2日(土) 午前休診、午後通常通り
2月3日(日) 午前最終受付11時、院長学会に参加
2月4日(月) 3日からそのまま学会のため休診
        これに伴い3日・4日は入院・ホテルの対応が不可となります。

診療制限のご案内 (2018-11-02)

いつも当院を頼りにしていただきありがとうございます。開業して数年で予約可能枠の倍の診察件数になりました。大変申し訳のないことに、院長自身が、過労を原因とする体調不良となり、診療に影響がでていました。症状も落ち着いてきましたが、再発する可能性があるため、引き続き、大変不本意ながら以下のようにさせていただきます。

時間外対応の中止継続(日中、夜間ともに)
夜間診療の中止継続
ただし、日中・夜間ともに、早めの時間帯であれば、もしくは予定手術の有無次第で、可能な場合もあります。

お電話に出られないときは手術中、もしくは重篤入院患者の治療などにあたっているため、他院様もしくは日中の診療時間中に再度ご連絡ください。
また、時間外診療は当院患者様を優先させていただきます。

当院は夜間専門の病院ではないため、獣医師一人で日中から夜間まで全て対応させていただくことが難しく、ご理解いただけますと幸いです。

大変ご迷惑をお掛けいたしますが、よろしくお願い致します。

当院の診療予約に関するお知らせ(2018年12月現在) (2017-11-08)

事前予約と当日予約によりほぼ毎日予約がいっぱいの状況となっています。特に休診日前後や土曜日は1週間前から、その他曜日は2日前〜当日にかけて予約枠が全てうまっていく傾向にあります。

また、急患などにより診療が混み合うことが多発し、予約いただいた方も30分から60分程お待ちいただくケースが多くなりました。人員の確保やスキルアップをはかり、改善の努力をしてまいりますが、特にエキゾチックアニマルを診察でき、なおかつ安心して大事な患者様を任せられる獣医師の確保は大変困難です。
皆様のご理解とご協力をよろしくお願い致します。

ワクチンやフィラリア検査、お迎え後の健康チェックなど、緊急ではない内容に関しては、お早目のご予約をおすすめ致しますのとともに、できる限り連休前後、土曜日、日曜日を避けていただけると幸いです。

もちろん、突然の体調不良など、予約がとれない状況であっても診療をさせていただきますが、状況によっては30〜60分程もしくはそれ以上お待ちいただくこともございますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
また、予約枠が埋まっていても、比較的空いている時間帯をご案内させていただきますので、必ず事前にご相談下さい。
事前連絡無しで来られた場合、診療内容や外来状況によっては後日をお願いさせていただく事もございます。

なお、緊急事態の場合は順番を変更してお呼びさせていただきます。

年末の診察について (2018-11-13)

平素より当院を頼りにしていただきありがとうございます。

年末は大変混雑が予想され、待ち時間も長くなる可能性があります。

・常備薬のご確認
・爪切りやワクチンなどの緊急性のないものは、土日などの混雑時は延期していただく可能性
・年末駆け込み受診を避けてお早めにお越しいただきたいこと
・お時間にゆとりを持ってご来院頂きたいこと
などの、注意点をご理解頂きますようよろしくお願い致します。

スムーズな診察にご協力下さいますよう、よろしくお願い致します。

野鳥の診療について (2018-06-18)

当院は鳥の診療に力を入れていますが、野鳥の診療は原則お断りさせていただいています。その理由として、

鳥インフルエンザ、ニューカッスル病、その他様々な伝染病を野鳥は患っている可能性があり、当院に来院される多数の飼い鳥さんに蔓延することを予防するための必要な措置

と考えています。

もし傷害野鳥を保護された場合は、各自治体鳥獣環境部署へのお問い合わせをよろしくお願いいたします。
名古屋市・・・愛知県庁環境部自然環境課052-954-6230
名古屋市近郊(一部除く)・・・尾張県民事務所環境保全課052-961-7211

また、毎年春になると巣立ち前のヒナを拾われたと、ご連絡をいただくことがあります。ですが、各自治体が呼びかけているとおり、ヒナは拾わないようにお願い致します。

何卒ご理解とご協力よろしくお願い致します。

フィラリア・ノミ・ダニの予防薬 種類と価格について (2018-03-04)

いよいよ予防シーズンがスタートしました!
当院で扱っている予防薬の種類をご紹介いたします。
ファイルをクリックしてください。
特に、ノミ・ダニ・フィラリアをまとめて予防できるお薬が、皆さんにご好評いただいてます。
また、飲ませることが大変な子には1年有効な注射薬もあります(当院での接種時期は4〜6月と限定しています)。
その他一覧表に含まれていない予防薬も一部取り扱いをしております。幅広く皆様のニーズにお応えできるようにしております。

価格は広告法に抵触するおそれがあるためネット上では非公開とさせていただいております。お手数おかけしますが、お気軽にお問い合わせください。

狂犬病ワクチンの届出手続き代行サービスにて(2018年度) (2018-03-19)

狂犬病ワクチンやフィラリア予防のシーズン!
当院では保健所への届け出を無料で代行しています。
狂犬病ワクチン接種でご来院の際は、はがきを忘れずにお持ちください。

代行可能地域:名古屋市・北名古屋市
※北名古屋市の2018年度代行業務は6月30日分の接種までとさせていただきます。

お友達紹介キャンペーン実施中☆ (2017-03-31)

ただいま新規のお友達ご紹介キャンペーン中です!
ご紹介いただくごとに、ご紹介いただいた飼い主様もご紹介された飼い主様も、500円OFFもしくはお好きなフィラリア予防薬1か月分をプレゼントしています。
お散歩友達と一緒にお越しください♪

ページトップ

Copyright (C) 2016 HIRA Small Animai Clinic All Rights Reserved.